本物の木造住宅

この先いつ大きな地震がくるのか、誰も予想することができません。丈夫な造りと確かな技術で家づくりをしていますので、そんな大きな不安を少しでも軽減できればと思います。

耐震等級3の取得を標準化しています。

耐震等級とは、地震に対する家の強さ3段階で表したものです。地震に対して必要最低限の備えです。大きな地震が起きた時、耐震等級3を取得した建物は倒壊がなかったという報告もあがっています。地震から大切な家族を守るために、工法にもこだわり、施工は自社の大工さんが行っています。

長期優良住宅を標準化しています。

長期優良住宅とは、建物自体の性能とメンテナンスのしやすさ、先々まできちんと維持できることを国に認められた住宅のことです。
劣化対策、耐震性、メンテナンス・リフォームのしやすさ、バリアフリー対策、省エネ性、住環境、維持保全計画といった国の基準をクリアする必要があります。
長きにわたって、家族の命・健康を守るため、家を大切にしていってもらうため全棟長期優良住宅の認定を受けています。

冬場の温度差から家族を守ります。

急激な温度差によって血圧の変化し、心筋梗塞や脳梗塞、不整脈を引き起こすことがあります。
さらに、冬場の温度差は健康にもよくありません。循環器系、呼吸器系、内分泌・代謝など様々な疾患の原因となります。冬の住宅に潜む温度差のリスクは大きく、死亡者数も多いと言われています。そんなリスクから家族の命と健康を守るための備えをする必要があります。

必ず洗面脱衣所にはエアコンを設け、扉の上などに開口を設けることで効率よく家中を暖め温度むらをなくします
T-styleの家づくりでは、暖かい空気の通り道を確保した間取りや対角線上にエアコンの設置、シーリングファンの活用など、温度むらをなくすための様々のご提案をさせていただきます。